包茎手術の方法

包茎手術の方法は多岐に渡り、包皮を切除する方法もあれば、切らずに手術を行う術式も存在します。仮性包茎にしか用いることができない方法もありますし、それぞれの手術にメリットやデメリットが存在するため、そこをしっかり理解してから手術に臨まなくてはなりません。包茎手術の中でももっともポピュラーな方法の一つが環状切開で、余分な包皮を輪切りに切除したあと縫合を行うものです。亀頭と包皮がくっついている場合には、背面切開と呼ばれる皮を縦にカットするような方法も用いられます。

また、包茎治療専門クリニックや美容クリニックなどでよく行われている方法が亀頭直下埋没法と呼ばれるものです。勃起したときのペニスの長さに合わせて皮を切除し、カリ部分の下で縫合します。傷跡が目立たないため手術を受けたことがバレる可能生も低くなるという特徴があります。

ナチュラルピーリングと呼ばれる手術は亀頭を露出したあとに包皮をスポットで縫合する方法となり、複合曲線作図法は性感をうまく残しながら計算しつつ皮の除去を行います。そして、切らない手術法としては根本部分固定法が挙げられ、亀頭を露出したあとに包皮を根本で接着剤を使用して固定します。医療用の接着剤が使用されるため人体に影響はありません。

カテゴリー: 未分類 | 包茎手術の方法 はコメントを受け付けていません。