包茎の症状について

包茎と一口に言っても、大きく分けて三つの種類が存在します。日本人男性にもっとも多いと言われているのが仮性包茎で、平時は亀頭が皮で包まれているものの勃起時には亀頭を露出させることができる状態です。

平時はもちろん勃起時にも特別痛みなどを感じることもありませんが、どの程度皮を被っているかは人によってまちまちです。陥頓包茎は、包皮輪が狭いために亀頭を露出させることが困難で、露出させることができたとしても締め付け感を強く感じてしまうことがあります。これも人によって症状の度合いはまちまちと言えるでしょう。

真性包茎はもっとも深刻な包茎の状態で、平時はもちろん勃起したときも亀頭を露出させることができません。常に皮に包まれている状態ですから恥垢も溜まりやすく悪臭も発生しやすくなります。包茎の中でももっとも重症と言われるタイプで、放置しておくと性病や亀頭炎、包皮炎などさまざまなリスクを背負い込むことになるでしょう。

このように包茎には三つの種類が存在しますが、具体的な症状の度合いは人によって大きく変わってきます。それだけに、オーダーメイドで治療の提案をしてくれるクリニックを選ぶことが適切に包茎を改善させるためには必要となってくるのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク